ブログ

交通事故の治療と診断書について

院長の吉田です。

ここのところ交通事故の患者様が多いです。

GW前後で、運転に不慣れな方が自動車に乗るからでしょうか??

 

交通事故にあわれた際は、必ずレントゲン検査が必要になります。

後々問題になることもあるためです。

事故直後で当院を受診された際は、検査していただける医療機関への紹介状をお書きしますのでお申し出ください。

 

また、救急病院や事故現場付近の病院で診察を受けても、他院にうつる(転院)することは可能です。

交通事故は患者様がご希望する医療機関で治療をすることが可能なのです。

検査のため病院を受診し、治療はしてくれないの当院にて治療する。

また、週末だけこちらに帰ってくるので、その時だけ当院で治療する。

様々なケースがございます。

 

また、投薬・シップ・けん引だけ行っている病院が多いです。

電気治療や筋肉調整や骨格矯正・関節調整など少し手を加えてあげるだけでかなり改善します。

あきらめないで、お気軽にお問い合わせください。

 

 

診断書に関することもお話しします。

交通事故の診断書に記載されている内容はあくまでも目安になります。

①「頭書の傷病名により、約10日間の安静通院加療を要する」

あるいは

②「頭書の傷病名により、約2週間の安静通院加療を要する」

この様に書いてあることが多いと思います。

①は10日間

②は2週間

これらは目安の日数です。

この期間で治ると考え診断書を書いているわけではありません。

また、この期間しか治療ができないわけでもありません。

事故日より2週間以上の診断書を書くと、人身事故扱いになり、警察の捜査が面倒になります。

そうすると警察も嫌がります(ほんと)

そのため、事故日より2週間以内で書くことが多くなります。

※損傷がヒドイものはこの限りではありません。

診断書はあくまでも目安です。

一般の方はこのことを知りません。

そんなに軽度なケガなのか??

そう思われている方も多いようです。

我々医療機関と患者様が考えていることは違うことが多いようです。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

【編集後記】

いまだに手書きで診断書を書かれている先生もいらっしゃいます。

病院で書いてもらった診断書を持ってきて・・・

あまりに達筆すぎてなんて書いてあるのかわからないんだけど??と、聞かれることもあります(苦笑)

書いてある内容はだいたいわかるので、見る人が見ればわかるんですがね・・・

私も保険屋さんに出す診断書が読めないと、よく電話がありますが(苦笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《お蔭様で19周年》

草加よしだ整骨院 048-932-3139

〒340-0004 埼玉県草加市弁天1-29-8(そうかし べんてん)

施術管理者:吉田善行(柔道整復師)

【診療日・診療時間】

平日 9:00~13:00(受付12:30)15:00~20:00(受付20:00)

土曜 9:00~13:00(受付12:30)15:00~17:00(受付16:30)

祭日 9:00~13:00(受付12:30)

日曜休診
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

交通事故専門NAVI

交通事故治療専門NAVI

交通事故治療専門NAVI
PAGE TOP