院長プロフィール

   院長:管理柔道整復師 吉田 善行(よしだ よしゆき)

    • 昭和44年03月23日生まれ
    • 昭和63年03月 大学卒業
    • 昭和63年03月 草加市内接骨院弟子入り
    • 昭和63年04月 大東医学技術専門学校入学
    • 平成03年03月 大東医学技術専門学校卒業
    • 平成03年03月 柔道整復師国家試験合格(厚生労働大臣免許)
    • 平成03年04月 草加市 足立区の整骨院で副院長を勤める
    • 平成11年02月1日  よしだ整骨院開院(草加市弁天1丁目29-8)
    • 平成30年9月1日 草加市弁天1丁目26-32に移転

 

    • 現在に至り、開院23年になります。

 

  • 草加生まれ 草加育ち
  • 現在53歳
  • 家族構成:妻・3男・1女

 

柔道に明け暮れていました・・・

高校生より柔道を始め、大学・専門学校・社会人と稽古を重ね、講道館柔道五段です。
仕事が忙しく、稽古に行く暇がないのでそのままですが…(全日本柔道連盟 中央区柔道会に所属)
大学4年間柔道部に所属し、東京オリンピック中量級金メダリストの岡野功先生に
ご指導頂きました。盆暮れ正月ほとんど休みなく稽古してきました。
少ないお休みを利用して、柔道部全員で部費稼ぎです。
火力発電所溶鉱炉設置の枕木積み
空輸されてきたボジョレーヌーボーに日本のラベルを貼り出荷
東京都福祉局の越冬対策(日雇い労働者むけ)
ライブ会場警備
今で思うと良い経験です。
部費なので手元には一銭も入りませんでしたが……

怪我との闘い・・・

厳しい練習で?弱かったため?
右肘は軟骨が増殖して90度までしか曲りません。おまけに関節ねずみがあります。
現在でもたまに肘の関節に軟骨が挟まってロックしたり、小指が痺れたりしております。(尺骨神経マヒ)
右手の小指は折れたまま稽古していたので、今でも1.5倍に腫れてます。
右膝 左足首は靭帯が傷んでいるためグラグラしております。
腰は腰椎分離すべり症です。
右肩に着いている大胸筋は部分断裂しております。
おまけに両耳も腫れてます(笑)←ギョウザ耳(耳介血腫)
身体のなかで、怪我をしていないところはないのでは?
それくらい怪我をしました。

ですので、皆様の痛みや苦しみは良くわかります。
自分でも苦労しましたからね……

でも、現在は痛みも不自由もありません。
関節が太くなっているから痛い。
腫れているから痛い。筋肉が切れていてるから痛い。
昔痛めたところだからいまだに痛む。そのような事はないのです。

仕事への志・・・

さんざん怪我で苦労したため、高校二年生よりこの道に入ることを決意しました。
自分の進みたい道 そして好きな施術を行って来られたことはこの上ない幸せです。
毎日楽しそうに仕事しているね!
とよく言われます。

この仕事の勉強には終わりはありません。
まだまだ勉強です。

いかに患者様の身体に負担を掛けないように、早く治すのか。
一生の課題だと思います。

施術の勉強はもちろんのこと、超音波観察装置(エコー)・交通事故における保険や制度の勉強をしております。

現在でも年間400時間を超えるセミナーに通い勉強しております。

所属団体

(公社)日本柔道整復師会
(公社)埼玉県柔道整復師会 草加八潮支部
(公社)東京都柔道整復師会C会員
(社)日本柔道整復接骨医学会 認定柔道整復師
(社)日本超音波骨軟組織学会
(社)キネシオテーピング協会 公認インストラクター
筋筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会会員
NPO法人 日本スタビライゼーション協会会員
全日本柔道連盟会員

院長ブログ(最近の記事)

PAGE TOP